【全国でもお悩みの方が多い】注文住宅のコストカット方法!

家電

コストを抑えることを考えよう!

コスト問題というのは、いつの時代も出てくる難問でしょう。しかし、年々コスト削減対策にも変化が表れて、細かな部分も自分で決めることが可能となりました。特にコスト削減を検討しないといけないのが注文住宅です。新築の家を建てることも、安い買い物ではないからこそ、削減できる部分を抑えて生活費に回すことが得策です。例えば、フローリングコーティング剤のコストを抑えたり、家電レンタルサービスを利用して購入コストを削減したりすることができます。ですが、コスト削減は全てに行えばいいというものではなく、削減することでマイナスになる場合もあります。それは防犯カメラです。防犯カメラには暗視機能や録画できるものがあるので、コストを抑えることで防犯力も下がってしまう可能性があります。それに空き巣に入られると大きな損害になります。決して高い買い物をしなさいということではなく、必要な箇所に必要な分の費用をかけてあげることが大事なのです。

住宅を維持することが大事!

一戸建ての家を建てたら終わりではなく、維持することが大事になってきます。家は生き物みたいで、何も手入れをしなければ劣化していくし、手入れをするとキレイな外見を保つことができます。しかし、維持はとても簡単なことではありません。例えコストを抑えても生活費、修繕費は常に付きものです。維持の中で最も大変なのが住宅ローンの支払いです。ローンの支払いは大きくて、維持できないと悩んでいる方も少なくないです。そういう方は任意売却も考えておきましょう。任意売却とは、住宅を売りに出すということです。不動産コンサルタントが債権者と債務者の間に入って売却してくれるため、融通がきくと言われています。そのため、住宅ローンの支払いができなくなった、生活が苦しくなったという方は不動産会社に相談しましょう。任意売却を得意とする不動産会社は、福岡や広島にもたくさんあります。専門家のアドバイスは必要なので必ず話をしてください。

注文住宅を考えている方!

注文住宅に関して多くの質問&疑問を持っているという方も多いでしょう。その疑問や質問は、そのままにせずに解決した方が良いです。特に多い質問・疑問はどのようなものがあるか確認してみてください。

注文住宅の気になる質問コーナー!

本当に自由に住宅をデザインできるのか?

はい、自由にできます。建築業者によっては、収納を増やすプラン、介護向けのプラン、ペットと快適に暮らすプランなども用意されています。あとは設計士との相談で、外観や内観も決めることができますよ。

競売と任意売却の違いってなに?

競売と任意売却の違いはプライバシーを守れるかどうかです。競売に掛けられると、裁判所から自宅調査されたり、不動産業者が住宅周辺をチェックするため、近隣住民に知られる可能性が高いです。ですが、任意売却の場合は近隣住民に見られることもないし、不快な思いをしなくて済みます。

よく任意売却と任意売買というのを見るけど、違いは?

正直言うと、同じ意味です。ただ、表現が違うだけです。任意売却は金融機関で使われます。任意売買は個人・一般業者などで使われる表現です。意味は変わりないので、「任意売却」と使われることがほとんどです。

任意売却しても今の家に住み続けたい。

住み続ける方法としては、家族に住宅を購入してもらい、その後は、その家の賃貸借契約を親子間ですることで住み続けることができます。詳しいことは、不動産に相談すると良いでしょう。

広告募集中